** Hello world

映画とか本とか好きなものとつぶやき

ペンタブ到着そして新旧ちょっと比較

新しいペンタブが届きました。

 

そして・・・

先日のブログで書いていた「フリルが描けない」ペンタブの不具合ですが、犯人はペンタブではなくてOSでした\(^o^)/

なぜって、届いた新しいペンタブをつないでも同じ現象が起きたんですよね。

疑ってごめんねintuos3ちゃん。

 

不調の原因がOSかもしれない、というのは可能性として考えていましたが、OSの入れ直しをしたくなくて頑なに避けていました。

というのもローカルにバックアップが取れない状況だったから(´・ω・`)

OSを入れているCドライブのSSDとは別にHDDをDドライブとして使っていたのですが、HDDにはおなじみ不良セクタができており、ファイルの一覧を表示するだけで数分、ドライブ間のファイルコピーをしようとすると、100k/sぐらいの速度しか出ない&時折0kbになって止まる、という状態だったので、もはやDドライブに触れたくなかった。

 

でも、原因はOS、とここまでハッキリしているとやらないわけにもいかず。

普段はデバイスマネージャーで無効にしているDドライブをよいしょと起動して、試しにCドライブのファイルをコピーしてみると、おっ、サクサク進む。

こ、これは今やるしかない・・・!と思い、入れ直ししました。

Dドライブにデータをコピーしつつ、絶対に消えてほしくない大事なデータは( ゚д゚)ハッ!と思い出して、OneDriveにもアップロード。

かくして古いペンタブも新しいペンタブも快適に動くようになりましたとさ(;・∀・)

 

というわけで、面倒くさくても怪しいところは全部確認しようね、という見本のような結果となりました!(/ω\)

ま、まあ不具合がなくても、古いペンタブはケーブルの根本が断線しそうになっていたので、買い替えはまぬがれない未来だったんですけどね( ᵅั ᴈ ᵅั;)~♬

 

余談ですが、OneDriveはアップロードはそうでもなかったのですが、ダウンロードには300kb/sぐらいの速度しか出なかったので、やはりあまり大きなデータを一気にクラウドで扱うのは難しいな~と思いました(無料のせいもあるかもしれないけど)。

 

肝心の新しいペンタブはというと、ひとまず満足しています!

読み取り範囲が縦2cmほど狭くなりましたが、筆圧レベルは1024→2048にアップ。

ちょっと不安だったのが読取分解能と読み取り精度、読取速度。

普段どれがどう、と性能の良さを感じることはないけれど、仕様を見るとこの3点?についてはintuos3のほうが上回っていたのです。

 

<読取分解能>

・intuos3 最高0.005mm

・intuos comic 最高0.01mm

<読取精度>

・intuos3 ±0.25mm

・intuos comic ±0.5mm

<読取速度>

・intuos3 最高200ポイント/秒

・intuos comic 最高133ポイント/秒

 

intuos3は10年ほど前の製品だけど、プロ向けのモデルだったからかな~と思います。

intuos comicはエントリーモデルだと思うので、価格を考えると十分ではないでしょうか。

でも数値ではパッとわからないけれど、体感でもし明らかな差を感じてしまったら・・と一抹の不安があったのです。

試し描きした範囲ではひとまず大丈夫そうで安心しました(つω`*)

ちなみに現行のプロ向けintuos proは、上記のスペックがintuos3と同じです。

 

あとは慣れかな~と感じています。

新しいペンのほうが軽くて若干細い、短い。

描いた感じ、同じブラシサイズで描いても新しいペンタブのほうが若干柔らかく&線が太くなる。

 

f:id:momozzarella:20170919213431j:plain

8pxの鉛筆ツールで描いたもの。

黒→ intuos3

茶→ intuos comic

 

新しいペンタブの板のザラザラっとした感触はすごく描きやすいと思いました。

その感触に反比例して線が以前より柔らかくなるので、慣れるまでちょっと違和感がありそう。

古いペンタブのペンは、ラバーのような素材が手が当たる部分にぐるっと加工されているのですが新しいペンにはないので、少し指が滑る感じがします。

あまり気になるようなら、100均でシリコンシートを買ってクルッと巻いてみようかな~と思っています(*'ω'*)

 

PCも快調にペンタブも新しくなったし、またもりもり描くぞーっ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ 

 

 

ペンタブが虫の息

台風の方向転換に絶望している九州地方より更新です。

 

それはさておき、3ヶ月ほど前にケーブルが断線しそうとブログに書いたペンタブ。

www.mokhakurumi.com

 

あの後もケーブル部分をマステでガチガチにテーピングして固定し、無理やり使っていたのですが、(←買い替えてなかったんかい)先日某ブルーレイ再生ソフトの無料体験版を入れたところ、なぜか!それから筆圧が効かない状態になり、絶望しました。

 

ドライバを変えてみたり色々試したのですが直らず、仕方なくシステムの復元をしてソフトを入れる状態に戻し筆圧が復活したのですが、それから動作が不調に。

症状としては、小さな波打つ線がうまく描けない状態です。

レースとかフリルが描けなくなりました。

うねうねっと線を引いても、若干蛇行した直線、みたいな感じになります。

ものすごいストレスがたまる。

すごいイライラする!

という訳で、おサイフも虫の息なれど、新しいペンタブを買いました(まだ届いてない)。

 

PCはWin10ですが、元々はWin7用までしかドライバの提供のない今のintuos3はサポート外。

Win7→Win10へアップグレードだったせいか、運良くそのまま動いてくれていた。

本来非対応なので、設定をいじろうにも項目が存在しない。

前述の筆圧が死亡→復活も、1行で書いたけれどこの時何度か繰り返し発生しては直していて、再起動するたびにどこかで不具合が起きる。

もう疲れたよパトラッシュ・・・、と本当に疲れ果てました。

 

買ったのはワコムのCTH-680。

15000円ぐらいでこのサイズが買えるなんて安くなってる!

他のブランドだとさらに安価なペンタブがあるけれど、使い慣れているワコムで今回も決めました。

 

これの後継でCTH-690というのが出ているんですが、ボタンの配置や形状など、使い勝手がこちらのほうが合いそうだったので旧モデルにしました。

後継モデルに付属のZbursh Coreは気になったけど、また使いたくなった時に考えます。

Win10にするまで不具合もなく、10年以上がんばってくれてありがとうペンタブ。

intuos3おつかれさま。