** Hello world

映画とか本とか好きなものとつぶやき

人が見たいものを見せる技術

何年か前に読んだ本?にあった、「人に関心を持ってもらったり、注目を集めたいなら、まず、自分がやりたいことよりも、相手が見たいものを見せる」という文章が印象に残っています。

 

確か「それを続けて、注目してもらえるようになったら、自分のやりたいことを混ぜていくといい」と。

好意を持ったり、ファンになってしまうと、別に興味を持たれそうにないことをやったりしても周りは注目してくれるし、ファンはついてきてくれるものだと。

 

なるほどねー、と思った。

最近だと、岡崎体育さんを見ているとこの文章を思い出す。

これでもか!と面白いことをやって注目を集めているし、自分の好きな音楽も混ぜて体現してるね。

営業力と考えると、ヨッピーさんにもそう感じる部分がある。

 

狙ってやったことはないけれど、私も体験したことがある。

とあるサイトで継続的にやったことが(悪行ではない)、サイトを利用する人たちの興味・関心にはまって、好意的な意見を沢山もらったり、注目を集めたりした。

私の場合はたまたま、やりたいこと=関心を持ってもらえること、が一致していただけで、戦略としてやったわけではない。

私が狙ってやるほど器用だったら、このブログも既にバズってるはず!(・∀・)

でもある程度注目を集めるようになってからは、全然関係ないことをやっても色々と反応がもらえたり、興味を持ってもらえたり、何気ない発言に共感してもらったりしたので、結果を見ると方法としては合っていたのだと思う。

 

なるほど、と思う反面、中にはやりたくないことをがんばって注目を集めて、擦り切れちゃう人もいるんだろうな~と想像しちゃうけれど、興味を持ってもらうトリガーになるなら、嫌なことでなければいい方法だな~と思う。

 

注目を集めたいよりも、気が進まないことをやりたくない気持ちが大きすぎて、ふわふわとブログもイラストもやっているけれど、イラストでも版権もののイラストは見てくれる人がやっぱり多いし、特に旬のものだとさらに上がる。

 

月曜日に「リトルウィッチアカデミア」の最終話を見終わって、クライマックスと大団円のラストに泣きながら、どうしても描きたくなってアッコとダイアナを描いた。

見たその時の気持ちを形にしたくて、未完成だけどとにかく早く!とアップした下書きに色をつけただけの絵は、思っていたよりも沢山の反応をもらって、最終話の感動を見た人とシェアできて、ほっこりした気持ちになった。

ふと見たら、全然別のオリジナル絵もブックマークされていたりした。リトルウィッチアカデミアのイラスト効果かな。ありがとう。

 

もともと制作元のTRIGGERが手がけていたキルラキルが好きだったこともあって、TRIGGER作品ならと興味を惹かれ見始めたリトルウィッチアカデミア。

憧れの魔法学校ルーナノヴァに入学した落ちこぼれ魔女のアッコとは、とある共通点があって(落ちこぼれという点ではない!(;・∀・))ちょっと親近感もあり。

アッコの持つバイタリティは、時にウザい!のだけど裏表がなくて、好きなこと・やりたいことを一生懸命叶えていく姿は1人作業する私も励ましてくれました。

難しいことは考えずアハハと笑いながら、心が暖かくなれる週一の楽しみがなくなるのは寂しいけれど、最高のアニメでした。ありがとうTRIGGERさん。

f:id:momozzarella:20170628003816p:plain