** Hello world

映画とか本とか好きなものとつぶやき

ハッピーで旅がしたくなるかもしれない映画『キミとボクの距離』

Netflix制作の映画、「キミとボクの距離」を観てみました。

原題は「THE SPACE BETWEEN US」。

 

あらすじ

主人公のガードナーは、移住計画のために火星に向かった宇宙飛行士から産まれた少年。

しかし母は出産時に亡くなり、父は消息不明。

火星の移住スペースで科学者に育てられ、友達のいないガードナーはビデオチャット?で地球に住むタルサという女の子と知り合い、親しくなります。

地球の重力に耐えられないという理由で火星を出られなかったガードナーですが、手術ができ、念願の地球に出発、タルサに会いに行きます。

 

感想

Netflixのサムネイル画像の、宇宙服を着たガードナーの姿に惹かれて観てみました。

宇宙が舞台になっていたり、題材に使われているとそれだけで観たくなるんですよね。

私の宇宙スイッチが押されました。

映画オデッセイでは地球から火星に向かった人(のその後)が描かれましたが、キミとボクの距離では火星から地球に向かおうとする人が描かれます。

知らない場所を見たい、そこに行きたい。体験したい。

時代や場所が違っても、誰にとっても共通する欲求なんだなぁ。

 

ガードナーは16歳の男の子、気になる人がいればなおさら憧れは増すよね!

というわけであらすじから何となく予想される通り、設定は変わっているけれど、わりと展開は王道なラブストーリーです。

 

私が感じた見どころは2つ。

1つは、地球の景色がたまらなく美しいこと!

地球に来たガードナーは、初めて見る地球の景色、空に森に色とりどりの世界にテンションMAX、興奮しっぱなしになります。

ありきたりな流れなんですけど、映像が本当に綺麗なんです。

いつまでも見ていたくなる。

どこまでも続く青い空や、香りがたちこめてきそうな森の緑、空に浮かぶ色とりどりの気球。

これが日本だったら撮影はどこの国立公園かな?って思うスケールで、これでもか!と魅せて来ます。

知らない世界を知り目を輝かせるガードナーが羨ましくなり、あの綺麗な場所に行ってみたいなと、旅行がしたくなりました。

 

2つ目は、ハイテクなのにローテクなところ( ✧Д✧)

舞台は火星に移住するぐらいなので未来です。

車には自動運転機能があったり、パソコンが透明のガラスに文字や画像が浮き上がる物体だったりします。

でも肝心なところでローテクなんです。

火星から初めて地球に到着したガードナーは、健康上に問題がないか小部屋に閉じ込められて外出が許されず、そこから抜け出してタルサに会いに行くんですが・・

 

セキュリティ、ザルすぎやん!

 

と声を大にして思うこと数回。

映画あるあるで、予定調和なんですけどねーなんですけど。ちょっと笑えます。

部屋から抜け出した後、さらに外に逃げ出すんですが、アラームすらまともに仕事しない!連絡遅い。

今の時代以下のずさんさでこれじゃあトラブル起き放題、技術盗まれ放題だよっ(°ω°)

車を盗むシーンがあるんですが、ドアロックもされていなければ、女子高生がスマホでちょろっと操作してエンジンがかかってしまう。

セキュリティ以外にも「え~、いいの~?」っていうツッコミが沢山あって面白かったです。

 

色々と深く突き詰めている作品ではないので、ポロポロと出て来る矛盾が気になると場合によってはイラッとしてしまうことがあるかも。

ハイハイと思えたり、笑えるならきっと楽しめます。

地球の美しさを再認識させてくれたり、一途なガードナーにキュンとしたり、ハッピーな気持ちにさせてくれるいい作品でした٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

満点が☆5なら、☆3.5ぐらいかな~♪