** Hello world

映画とか本とか好きなものとつぶやき

無知は悲劇か 映画『愛を読む人』

映画『愛を読む人』。

元々はケイト・ウィンスレットが好きで数年前に見たのですが、少し前に再視聴しました。

 

あらすじ

始まりは1958年のドイツ。主人公のマイケルは15歳の良家の坊っちゃん。猩紅熱で具合が悪くなったところを21歳年上のハンナに助けられます。

病気が治ったマイケルはお礼のためにハンナに会うのですが、再会をきっかけに二人は体の関係を持ち、夢中になったマイケルは彼女の小さなアパートに通い始めます。

ある時ハンナはマイケルに本の朗読をするように頼み、それが二人が会う時の習慣となります。

日に日に親密になる二人でしたが、路面電車の車掌だったハンナは上司から事務職への昇進を言い渡されたのをきっかけに、マイケルの前から突然姿を消します。

数年後、大学の法科に進んだマイケルは、研究でナチス戦犯の裁判を傍聴しに出かけます。

そこには被告人の1人として現れたハンナの姿がありました。

 

ここからはネタバレありのあらすじ+感想です。

 

 コンプレックスの脅威

ハンナはマイケルと知り合う前、SS(ナチス親衛隊)として、収容所で看守の仕事をしていたのです。

選別や殺人をどのように認識していたか、どの程度自覚があったかを追求されるハンナ。

ハンナは「どうすればよかったと?」と疑問を呈しながらも淡々と、率直な自分の意見や行動を述べていきます。

大量の死者を出した死の行進について裁判長に問われた時、他の被告人が、口を揃えてハンナが責任者だと言い出します。

ハンナは当時の報告書は全員で相談して作成したものであり、自分は責任者ではないと訴えますが、確認のため行われようとした筆跡鑑定をハンナは拒み、自分が責任者だと答えを翻します。

それは彼女が文盲であり、文盲であることを知られたくがないための嘘でした。

ハンナがマイケルの前から姿を消し職を変えたのも、このためでした。

 

裁判でのハンナの言動にはここまでする!?という違和感を感じたのですが、できない事に感じる劣等感の強さは人それぞれ。

しかも識字というごく当たり前のことが自分だけ出来ないなら、「できなくても気にしない!」と開き直ることは難しいでしょう。

もし知られれば自分の生い立ちまでバカにされ、文字が読めなくても堅実に生きてきた自分を否定される、そんな脅威も感じていたのではないかと想像しながら見ていました。

 

でもこれには続きがあって、映画では描かれていないのですが、原作の小説ではハンナはロマ人らしいのです。

ロマとはヨーロッパに多く暮らすジプシーのような人たちで、満足な教育が受けられなかった人も多いといいます。

ユダヤ人以上に差別、迫害されていた存在とも聞きます。史実、ナチスはロマ人も劣等民族として大量殺戮し、また、ロマに対する差別は現在もなお根強いとの記述を読みました。

ハンナがもしロマで、迫害を恐れるあまりの行動ならば、なるほどと腑に落ちます。

もし自分に危害を与えようとする人物がすぐそばにいたら、隠れている物陰から出ようと思えるでしょうか。

私も仮に、ネットで知り合った人が「障○者は迷惑だし気に入らないから殺したいくらいだ」などと言っているのを見たとしたら、自分のハンデのことは隠し通すでしょう(・ω・`)

 

マイケルは結局迷いながらもハンナに会う決断もできず、真実を誰かに告白もできず裁判は終わります。

他の被告人が4年ちょっとの求刑であったのに対し、ハンナには無期懲役が言い渡されました。

 

ハンナの目覚め

それから10年後、結婚して娘を持ち、さらに離婚を経験したマイケルは自宅で荷物の整理中に、遠い昔自分がハンナに朗読していた本を発見します。

本を懐かしく手に取ったマイケルはふと思い立ち、本を朗読する自分の声をカセットテープに録音して、ハンナに送るようになります。

 

マイケルのプレゼントは慎ましい刑務所暮らしをおくるハンナの心の慰めになり、ハンナはテープを心待ちにするようになります。

楽しそうなハンナの姿はとてもほほえましいのですが、でも・・・見ていてちょっと複雑な気持ちになりました。

マイケルの行動に、ハンナへの思いよりも、過去の決断できなかった自分の罪悪感を軽くするための行為、罪滅ぼしとしての意味合いが強いように感じてしまったからです。

それは、ハンナとの距離を縮めようとしないマイケルの行動から見てとれます。

 

ハンナはある日ハッとして、送ってもらったマイケルのテープと同じ本を図書室に借りに行きます。

そして、本とテープを聴き比べ、文字を覚え始めました。

それは初めてハンナが世界と向き合い自分の人生を生き始めた、素晴らしい瞬間でした。

やがてハンナは短文が書けるようになり、マイケルにテープの感想などを送るようになります。

 

しかし、マイケルはハンナの手紙を受け取っても返事はしません。

読んで仕舞うだけ。

 

そこに、

手紙に返事をしない=親密になりたいわけではない

どう返していいのか分からない=関係を変えたい訳ではない

テープは送る=気にかけているし嫌いではない

という、マイケルの心の内が伺えます。

 

言い方を変えれば、ハンナはマイケルにとって昔仲良くしていて、楽しくて体の関係もあった女性。

付き合ったり結婚は考えられないけど、好きだったから情はあるし元気にしてるか気になる。

・・・といった位置づけだったのかなと思います。

だからこそマイケルがテープを送る行為は、ハンナに対して何もできないという罪悪感からの解放であり、近づけない罪滅ぼしとしての役割を持つように感じました。

何かしてあげたい、けれど側にいて支えたいのとはちょっと違う。

 

見方によっては中途半端で残酷ですが、優しさからの行動であることには間違いありませんし、唯一無二の愛情がなければ人に優しくしてはいけないという訳でもない。

ハンナがナチスに協力者として関わったという事実が、親密になることを躊躇させている心情もあったのではないかとも思います。

そう思うとマイケルを責める気持ちにもなれません。

 

知識が与え奪ったもの

ハンナが投獄されて約20年が経ち、マイケルにハンナの釈放の知らせが入ります。

ハンナには身寄りがないためマイケルに連絡が来たのです。

マイケルは迷い、しかし意を決して釈放前のハンナと面会します。

ハンナのために小さな部屋と仕事も用意しました。

 

マイケルと再会したハンナは嬉しそうに手を差し出し、マイケルもその手に触れるのですが、すぐに離してしまいます。

面会で、マイケルはハンナに、ナチ時代の過去について意見を求めました。

ハンナは答えます。

「裁判の前は全然考えなかった。考える必要がなかった。」と。

今は?と問われ、

「どう感じようと、どう考えようと、死者は生き返らない。」と言います。

短い会話の後マイケルは少し落胆した表情を見せ、じゃあ釈放の日に迎えに来るから、と別れます。

しかし釈放の日、マイケルが刑務所に向かうとハンナが自殺をしたとの知らせが待っていました。

残された遺言には、缶に入れたわずかなお金を、証人として裁判に出廷していた生き残りのユダヤ人女性に渡して欲しい、と書かれていました。

 

最初にこの映画を見た時、ハンナはマイケルのよそよそしい態度に落胆して死んでしまったんだ、と思っていました。

せっかく文字を覚え、釈放されたのにと悲しくなりました。

 

でも2度めにこの映画を見た時は、違う感想を持ちました。

文盲だったころは罪の意識も薄く、自分の価値観で生きていたハンナ。

でも文字を知ってしまった。

それによって知るはずのなかった他者の価値観を知り、また、自分がしたことの罪深さを知った。

どんなに後悔しても死者は生き返らない。

ハンナは自責の念に耐えられなくなり、自ら死を選んだのだと思いました。

裁判の前のハンナなら、ホロコースト被害者の女性にお金を遺すことなどしなかったでしょう。

文字はハンナに知識を与え、そして命を奪っていきました。

 

それから

その後マイケルは証人だったユダヤ人女性と会い、ハンナの遺言を果たします。

女性は言います。

収容所で学ぶものは何もない。何も生まれない場所だと。

私達は過去としてナチスを知り、差別の愚かさや人権を学びますが、当事者にとっては学ぶものなどない、ただ恐ろしく、忌まわしい存在なのだと感じました。

女性は缶だけを受け取り、お金は識字率を上げる団体に寄付することになります。

 

しばらくして、マイケルはハンナのお墓参りに出かけます。

傍らには成長した娘がいました。

そしてハンナのお墓の前で、ハンナのことを語り始めます。

 

最後に

暗くて重い映画でしたが、とにかくケイト・ウィンスレットが素晴らしい演技でした。

 

一番の見どころは、やはりハンナが文字を覚え始めたシーンです。

最初はマイケルに手紙を書くためだったかもしれません。

ですが、あの時ハンナはコンプレックスから解放されただけでなく、新しい世界を知ることができました。

自殺したハンナの部屋には本が沢山ありました。

わずかに見えた本の表紙は、小説や詩でした。

ホロコースト関連の書籍を読むのは苦痛だったと思いますが、文字を覚えたことは喜びであり、彼女に幸せをもたらしたのではないでしょうか。

もし文字を知らないままなら、知ること、感じることのなかったもの。

狭い世界で命を長らえるよりも、尊いものだったと思いたいです。

 

ハンナがロマ人であるという点が気になり、少し前に原作の「朗読者」も買ってみました。

ナチスが迫害していたはずのロマ人を何故SSに?という疑問もあるので、新しい発見が楽しみです。

読み終わったら本のレビューも書きたいなと思っています(*'ω'*)