** Hello world

映画とか本とか好きなものとつぶやき

忘れられない『フロール』

不定期で時々たまらなく食べたくなるお菓子があります。

それがミディ・アプレミディのフロール。

フロールを初めて知ったのは、多分10年程前。

偶然ネットで見かけた記事でした。

 

紹介されていたのは、幾何学模様のはじまりのような、精密なうずまきのロールケーキ。

決して複雑な形ではないけれど、張り詰めた円の美しさ。

最初の印象はお菓子というより、アート作品でした。

どんなに美味しいんだろう・・・?と気になり、取り寄せてみようと思いました。

 

注文の前から戦いは始まっていました。

取り寄せの注文は電話のみ。

曜日や時間もたしか決まっていて、その時間にまず電話をするのが難しい。

そして、電話がなかなかつながりません。

かかったと思っても、注文を締め切ったアナウンスが流れたり。

 

たまに電話をしてはかからず諦め・・時々思い出してはまたかけてみる。

そんな戦いを続けた後、ようやく電話がつながりました。

電話口でお店の方は言ったのです。

「お届けは1年後になりますがよろしいですか?」

 

えっ、と驚きながらも、

1年後生きてるかな・・・と内心考える私。

しかし食べずにはいられない・・!と食いしん坊精神が勝った私は、不慮の事故に遭いませんように、と祈りながら1年後の約束をして電話を切ったのでした。

 

1年後、初めて食べたフロールはそれはそれは美味しくて。

全くパサつきのない、きめ細やかでふんわりしたスポンジ。

生クリームとは違う、コクがあって甘すぎない白いクリーム。

どれだけでも食べられそうな上品で後を引く味。

見た目から味から、じっくりと研究されて手をかけて作られているのが伝わってきます。

当時1本2800円ぐらいと結構高価だったのですが、納得のプロの味でした。

 

色んなパティスリーや洋菓子店のロールケーキを食べたけれど、お店や通販で食べたものを全部含めても、フロールを超えるロールケーキにはまだ出会ったことがありません。

 

忘れられない味でした。

たしか1年以内に、またお取り寄せしました。(その頃は3ヶ月待ちでした)

しかし、さらに1~2年後のある日、また食べたいな~とサイトを開くと、お取り寄せができなくなっていたのです。

注文されたフロールが受け取られないまま返ってきたり、注文から時間がかかることでトラブルが多いことから中止します、との理由が書かれていました。

 

フロールを販売しているミディ・アプレミディは京都のお店。

お店では、今でも食べたり購入ができるようです。(個数に限りがあるようです)

京都に行ったらぜひ食べたい、と思い出す度に思うのでした。

 

手土産のご案内 フロール | 菓道家 津田陽子

 

 

くるくるロールケーキ

くるくるロールケーキ