** Hello world

映画とか本とか好きなものとつぶやき

ワンダーウーマンが観たい!私のイラスト作成手順

また久しぶりなブログ更新!

 

以前は2日に1回は更新しよう!と決めていたんですが、ちょっと間が空いてしまってますね。

マンガのプロットを描いているところなんですが、ちょっと詰まっていて「プロット進めないといけないのに、ブログ更新したらサボってるみたいでイヤだ」と焦ったり、「いやいや煮詰まってるんだから気分転換にブログ更新いいじゃな~い( ´ ▽ ` )」と思ったり、脳内右往左往しています(;´∀`)

 

といいつつそんな中で、今とても観たくて観たくて、観たくて!たまらないワンダーウーマンのイラストを、息抜きに描いています。

「美しく、ぶっ飛ばす」なんて最高のキャッチコピーじゃない。

既存のジェンダーなんかぶっ飛ばして、男も女も関係なく強く美しいダイアナ!見る前からどんな活躍をするのかワクワクが過ぎる。

 

そんなわけで観たい気持ちをぶつけているワンダーウーマンのイラスト。

 

f:id:momozzarella:20170805145233j:plain

 

現時点で下絵に色をつけたもの。

(クリックするとちょっとだけ大きくなります)

 

私の場合だいたい、下絵(線画)→仮着色→線画清書→着色→完成というやり方をしています。

下絵の線画は清書をせず、下絵の線画を修正しながらそのまま使うことも多い。

 

下絵に色を塗るのは、ざっと色を付けることでその後の作業のやる気があがったり、イメージが固まったり広がったりするから。

この絵でいうと、最初唇はもっと濃い色で微笑んだ表情だったのですが、色をつけてみたらオーバーな感じがしたので、唇の色を薄めに変更とか。

それでもしっくり来なかったので、唇そのものも描き換えました。

 

着色では特に目を最初に塗るようにしています。

私の場合、目が決まっていると完成イメージが想像しやすいのです。

眼力かな(*☻-☻*)

 

絵を描く時はだいたい頭の中に完成図というかイメージ図があって、それをそのまま出力する感覚なんですが、いかんせん技術力が追いついていないので、まだ頭の中のイメージと、出力された実物の差が激しいんですよね(;・∀・)

ちょっとずつ差を縮めて、脳内の世界をもっと表現したいな~と思っています。

 

作成手順といいつつ、かなり大雑把な話でした。

次回は今回のイラストを使って、私なりに下絵で気をつけていることとかをぽちぽちと書きたいなーと思います。

いつか、上達するまではこんなやってたな〜、なんて振り返りたい(´-`).。oO