** Hello world

映画とか本とか好きなものとつぶやき

ペンタブ到着そして新旧ちょっと比較

新しいペンタブが届きました。

 

そして・・・

先日のブログで書いていた「フリルが描けない」ペンタブの不具合ですが、犯人はペンタブではなくてOSでした\(^o^)/

なぜって、届いた新しいペンタブをつないでも同じ現象が起きたんですよね。

疑ってごめんねintuos3ちゃん。

 

不調の原因がOSかもしれない、というのは可能性として考えていましたが、OSの入れ直しをしたくなくて頑なに避けていました。

というのもローカルにバックアップが取れない状況だったから(´・ω・`)

OSを入れているCドライブのSSDとは別にHDDをDドライブとして使っていたのですが、HDDにはおなじみ不良セクタができており、ファイルの一覧を表示するだけで数分、ドライブ間のファイルコピーをしようとすると、100k/sぐらいの速度しか出ない&時折0kbになって止まる、という状態だったので、もはやDドライブに触れたくなかった。

 

でも、原因はOS、とここまでハッキリしているとやらないわけにもいかず。

普段はデバイスマネージャーで無効にしているDドライブをよいしょと起動して、試しにCドライブのファイルをコピーしてみると、おっ、サクサク進む。

こ、これは今やるしかない・・・!と思い、入れ直ししました。

Dドライブにデータをコピーしつつ、絶対に消えてほしくない大事なデータは( ゚д゚)ハッ!と思い出して、OneDriveにもアップロード。

かくして古いペンタブも新しいペンタブも快適に動くようになりましたとさ(;・∀・)

 

というわけで、面倒くさくても怪しいところは全部確認しようね、という見本のような結果となりました!(/ω\)

ま、まあ不具合がなくても、古いペンタブはケーブルの根本が断線しそうになっていたので、買い替えはまぬがれない未来だったんですけどね( ᵅั ᴈ ᵅั;)~♬

 

余談ですが、OneDriveはアップロードはそうでもなかったのですが、ダウンロードには300kb/sぐらいの速度しか出なかったので、やはりあまり大きなデータを一気にクラウドで扱うのは難しいな~と思いました(無料のせいもあるかもしれないけど)。

 

肝心の新しいペンタブはというと、ひとまず満足しています!

読み取り範囲が縦2cmほど狭くなりましたが、筆圧レベルは1024→2048にアップ。

ちょっと不安だったのが読取分解能と読み取り精度、読取速度。

普段どれがどう、と性能の良さを感じることはないけれど、仕様を見るとこの3点?についてはintuos3のほうが上回っていたのです。

 

<読取分解能>

・intuos3 最高0.005mm

・intuos comic 最高0.01mm

<読取精度>

・intuos3 ±0.25mm

・intuos comic ±0.5mm

<読取速度>

・intuos3 最高200ポイント/秒

・intuos comic 最高133ポイント/秒

 

intuos3は10年ほど前の製品だけど、プロ向けのモデルだったからかな~と思います。

intuos comicはエントリーモデルだと思うので、価格を考えると十分ではないでしょうか。

でも数値ではパッとわからないけれど、体感でもし明らかな差を感じてしまったら・・と一抹の不安があったのです。

試し描きした範囲ではひとまず大丈夫そうで安心しました(つω`*)

ちなみに現行のプロ向けintuos proは、上記のスペックがintuos3と同じです。

 

あとは慣れかな~と感じています。

新しいペンのほうが軽くて若干細い、短い。

描いた感じ、同じブラシサイズで描いても新しいペンタブのほうが若干柔らかく&線が太くなる。

 

f:id:momozzarella:20170919213431j:plain

8pxの鉛筆ツールで描いたもの。

黒→ intuos3

茶→ intuos comic

 

新しいペンタブの板のザラザラっとした感触はすごく描きやすいと思いました。

その感触に反比例して線が以前より柔らかくなるので、慣れるまでちょっと違和感がありそう。

古いペンタブのペンは、ラバーのような素材が手が当たる部分にぐるっと加工されているのですが新しいペンにはないので、少し指が滑る感じがします。

あまり気になるようなら、100均でシリコンシートを買ってクルッと巻いてみようかな~と思っています(*'ω'*)

 

PCも快調にペンタブも新しくなったし、またもりもり描くぞーっ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶