** Hello world

映画とか本とか好きなものとつぶやき

海外ドラマ THIS IS US

またしても久しぶりの海外ドラマ記事。

 

最近時間がなくて、あまり映画や海ドラを見られていません。

誰か私に精神と時の部屋か、バーストリンクを与えたまえ!

全然見ていないわけではないのですが、1日に1時間、うまく時間を作れたら・・という感じの亀ペース。

でも気になる作品は色々あって、その中の「THIS IS US」は、時間を作って観たいと思っている1本です。

www4.nhk.or.jp

 

今月からNHKで放送が始まったこの作品、エミー賞で名前が出ていて気になったし、週一だったら時間が作れそうだな~と思ったのです。

ところが。

肝心の第1話放送を、タイミング悪く体調を崩して見逃してしまいました(;´∀`)

 

仕方ない、2話目から見てみよう!と思ったのですが、先に見ていた海ドラ友さんから、「ネタバレを知らないなら、絶対1話目から見たほうがいいよ!」「有料で見ても100円損しないよ!」と強く推され、1話目はAmazonビデオの100円レンタルで視聴しました。

 

見てみたら。

これがすごく面白かった!

引き込まれたし、伏線が絶妙。

えっ、ああ・・!って思ってるうちに泣かされました。

脚本も演出も上手くて面白くて、1話目からガッチリハートを掴まれた。

 

海ドラにハマるパターンとしては、

・1話目でグイッと惹きつけられて見るパターン

・なんとなくしばらく見ていてハマっていくパターン

・何かのついでに見ていて偶然ハマるパターン

 

などがあるのですが、私の場合、1話目でグイッと惹きつけられたドラマには、往々にしてそのシーズンの最後までは確実にハマり続けるという傾向があります。

THIS IS USもそんな例にもれず、もう明日の2話目が楽しみで待ち遠しい状態です。

 

THIS IS US、分類としては、人間ドラマ、群像劇になるのかなー。

邦題にもある、36歳の登場人物たちの生き方や悩みを描いたもので、出演者とクリエイターが、「30代後半という、子供というほど若くもなく、大人というほど成熟しきれていない中途半端な年代がテーマ」というような話をしていました。

 

早々に泣かされてしまった第一話は、ベタベタのお涙頂戴で作られているのではなく、巧妙にやられたー、という感じでした。

人物がみんな魅力的で、1話目を見た時点で、すでに登場人物たちを好きになってしまっています。やられたー。

 

第一話はネタバレなしで見るのが最高なので、書かないでおきます。

まだ第一話のみですが、すごくよかった!とオススメしたい作品です。

 

誕生日

誕生日

 

(↑怪しげなリンクになってしまっていますが、AmazonビデオのTHIS IS US第一話です)